福島県郡山市 小児科・アレルギー科 医療法人 仁寿会 菊池医院 病後児保育 小児科専門有床診療所
標準 大  
トップページへ
 
   

目 的 

 
 現在のこどもたちの健康、またこどもを取り巻く様々な社会環境の
変化に伴う保健学的また医学的な研究を行い、また、地域のこども達
の保健医学に関する情報を収集、解析し、地域の人々への教育、啓蒙
活動を通して、新しい時代を担うこどもたちの心と身体の発育、発達、健康の増進に寄与する。
   

事 業 

 
1.地域におけるこどもの保健・医学的情報の収集と解析研究
 
2.地域におけるこどもの疾病構造の変化に対する研究
 
3.地域における子どもの予防接種を含めた予防医学の啓蒙活動
 
4.地域における子育ての援助活動
 
5.地域に住む外国人へのこどもの保健医学的情報の提供
 
6.その他こどもに関する各種保健医学的な調査研究と啓蒙活動
   

研究所設立20周年を迎えて 

 
 「全ては患者さんのために」をモットーに、医療法人仁寿会菊池医院は開院から65年間にわたり地域の子どもたちの健康を見守ってきました。また、当研究所も20年間にわたり地域における子どもたちの心と身体の発育・発達、健康増進に関わる啓蒙活動を行ってきました。
 コンピューターやインターネット社会という新たな環境へ突入し始めた矢先に、平成23年3月11日、前代未聞の東日本大震災が発生しました。特に福島県は地震・津波に引き続く放射能汚染という、前例のない災害に見舞われ、地域の子どもたち、その保護者、そして子どもたちが育つ成育環境は大きな影響を受けました。
 この様な社会情勢の変化の中、小児医療に携わる私たちは自ら船頭となって、これからの子どもたちがその心と体を健やかに育む成育環境を作らなくてはなりません。
 医療法人仁寿会創立65周年を記念し、また、当研究所開設20周年を機に、研究所の再整備を行います。
 

事業実績

 
 
  研究所主催講演会
    子どもにまつわる様々な事柄について、その時代のトピックや関心事に合わせて、全国から専門家を招き御講演を頂いている。(年1.2回)
     詳細はこちらから(PDF)
     
     
  菊池賞
    慶應義塾大学医学部小児科学教室2年目研修医の業績を小児科教室菊池賞選考委員会にて選出し、優秀者に授与している。(年1回)
      詳細はこちらから(PDF)
     
     
  院長 講演・学会発表
    日々の診療や研究、認定NPO法人で実施した調査などに関して、保育教育現場へのフィードバックや学会等での発表を等して発信。 教育保育現場、各種団体からの依頼講演を随時行っている。
      詳細はこちらから(リンクサイト)
     
     
  院長 メディア・執筆
    医学系雑誌、団体機関誌などからの依頼原稿をはじめ、新聞やテレビの取材対応を行っている。
      詳細はこちらから(リンクサイト)
     
     
  橋千春(管理栄養士)業績
    日々の診療や研究を通して管理栄養士の立場から、発信。学会発表や保育・教育機関等での講演等を行っている。
           詳細はこちらから(PDF)
     
     
  Child Health Up 事業(CHU事業) 
-子どもに健康の大切さを伝える授業-
    子どもの健康について、医師、管理栄養士、運動の専門家らが連携し楽しみながら子どもたちが正しい知識を身につけ、自らが行動できるように促す授業を展開する。結果として、子どもたちに食や運動といった生活習慣が定着し、将来的な肥満傾向児の減少や運動能力の向上へつながる。
         詳細はこちらから(PDF)
     
     
  レンジャーショー
    子ども時代の身体活動習慣は、そのまま大人になってからの健康や体力に影響を与えることが分かっており、子どもたちが将来、健やかで元気な生活を送るためには、未就学時期からの過ごし方が非常に重要である。福島県では東日本大震災後、子どもを取り巻く様々な環境変化によって子どもたちは精神的・肉体的変化をきたしている。
しかし、家庭や教育・保育現場で必ずしもその問題や危機感を共有できているとは限らない。そこで、健康に関する継続的な啓発活動を通して、子どもたち自身が望ましい生活習慣を学び、自ら実践、生活化できるようになることを目的とし、家庭と教育・保育に関わる関係者の子どもの健康に関するリテラシーを高め、子どもたちが将来健やかで元気な生活を送ることのできる環境を整えていくこととした。
そこで、 子どもたちが興味を持つとされるレンジャーショーを用いて、食事・運動・睡眠の大切さについて計10回に渡って、実践していく。
     
     
  気になる子どものケースカンファレンス
    学校、幼稚園、保育所等の教育保育の現場で抱えている“気になる子ども”に関する問題点を提示・共有し、参加者で問題解決の糸口を探る。併せて、参加者のスキルアップが図られることを目的とする。
          詳細はこちらから(リンクサイト)
     
     
  保育施設訪問事業
    従来小児医療では、疾病を抱えた子どもが医療機関を受診することにより、初めて患児とその家族への医療サポートが開始された。しかし、近年の家庭事情や保育環境の変化により、医療機関を受診したくてもできない、また、医療機関への受診を促したくてもできないといったケースが散見される。園医は元来、担当する保育機関に属する園児の健康管理および施設の健康衛生環境をより良くサポートする立場であり、果たしてこれまで園医としての関わりが不十分であったことは否めない。そこで、園医をはじめ、小児科医やコメディカルスタッフが定期的に直接施設を訪問し、属する園児の健康相談や保護者からの不安や悩みへの助言、施設での健康管理や諸問題解決のためのサポートを行うことにより、医療と保育施設とのよりスムーズな連携を構築し、地域小児医療の充実を図ることを目的とする。(現在は当院院長が嘱託を受けている施設のみ実施しています。)
     
     
  日本乳幼児精神保健学会 FOUR WINDS 学会開催
(第17回 郡山大会)
    FOUR WINDS 乳幼児精神保健学会 第17回全国学術集会 震災復興祈念郡山大会〜今大会では、福島を中心とした震災以降の取り組みや、現場での問題点を共有し、そしてこれから何をするべきか各界の専門家をお招きして学びました。子どもたちを育む大切な“いのちのとき”を是非皆で考えて頂きたいと思います。 私たちは福島の子どもたちを『日本一元気』にします。そして福島の取り組みが、ゆくゆくは日本全国に波及し、日本中の子どもが皆元気になることを信じています。大会に参加されたお一人お一人にその火種が灯り、そして全国へ拡大することを願ってやみません。
      詳細はこちらから(リンクサイト)
     
     
 
   
   
   
   
   
   
 
       
診療のご案内 訪問介護ステーション ひかり 名称  医療法人 仁寿会 菊池医院
特殊外来 居宅介護支援センター 住所  〒963-8871 福島県郡山市本町1丁目14番21号
お母さんと子どものサポートセンター 菊池記念こども保健医学研究      TEL 024-932-0154   FAX 024-932-0245
病後児保育室 らびっと クローバー子供図書館分室    
お母さんと赤ちゃん応援室 ままん・らぱん 医療法人仁寿会 沿革    
医師紹介 アクセス    
スタッフ紹介 リンク  
HOME    
Copyright(c) Kikuchi Doctor's Office Co.,Ltd. All rights reserved.