~らんしょこらんしょ!🐵来てぐれでありがとない!~

トップ画

Name: 田中 雄人

1990年生まれ。福島市出身。院内では外来待合室にておはなし会や保育士・認定病児保育専門士の視点から育児支援のご相談や保護者が薬局に行かれている際などのお子さまの対応、健診時のブックファースト・育児相談を担当。また、きつつきスクエアで行うイベントのおはなし会など担当。乳児向けおはなし会や保護者に向けて絵本のプレゼン・レクチャーをしている。
マジック、けん玉、バルーンアートも得意としている。院内で声をかけると「おー!ヤッホー!」が口癖である。院長やスタッフには「おサルさん」と揶揄される。一応ノリにのっておく(笑)

2019年に取得した絵本専門士として院外では絵本を用いての人との関わりに重きを置いた読み聞かせ団体や子育てサークル研修の講師を行ったり、様々な方々や地域の方々に向け、おはなし会イベントを実施したり、人と人との関わり・繋がりにおいて、絵本の重要性、魅力、読み聞かせのコツや読み手が選ぶ選書についてなどを伝えている。音を使っての読み聞かせ(ラップ絵本)なども行っている。
プレイリーダーとしては地域の小学校、保育園にて面白おかしく遊びを通し、運動ができるような遊びを先導している。

好きな食べ物はラーメン。嫌いな食べ物はない。無人島に何か持って行くなら「テレビ」(無人島に電気、通ってないやないか。)ってぐらいテレビっ子。

いつでも!どこでも!講演やおはなし会に伺います!お気軽にご相談ください。こんな世の中だから、、
笑顔で。で。想いで。

資格

(独)国立青少年教育振興機構 絵本専門士

(一社)全国病児保育協議会 認定病児保育専門士

(一財)日本病児保育協会 認定病児保育スペシャリスト

(公財)日本生態系協会 子ども環境管理士

絵本が伝えてくれる4つの“つなぎ”

“人と人”をつなげる

絵本を読み合う。絵本を聞き合う。もしくは自分で読み、想いを人と共有する。絵本には多くの人とのつながりを創ってくれる力と魅力を秘めています。

“親と子”をつなげる

お子さんとの愛着や関係性を作るためにも親と子の間にスマホなどのデジタル媒体ではなく、紙媒体の絵本を間にコミュニケーション作りしてほしいです。動画で会話が生まれるでしょうか。小さな携帯の画面を見つめ、一方的に流れて動く映像を見て、一本指で巻き戻し早送りをして楽しむ。確かに退屈しのぎにはなります。しかし、そこに愛のあるやりとりは存在しますか?答えはNO です。そんな光景を見ていると機械的な冷たさ寂しさを感じてしまい切なくなります。
お子さんを膝にのせてあげて一緒にページをめくる。めくり合ったときの喜びや紙独特のクシャという音や紙質を触れて感じたり、ゆっくり絵が変わっていく様子をともに楽しむほうがよっぽど、お子さんのためにも、親御さんのためにも数百倍、心に残る時間を過ごせると私は思います。親と子を繋げるツールとして最大限活用してあげてください。

“時と場所”をつなげる

保育士や幼稚園でも多く、保育に活用します。誕生会やお集まり、ご飯を食べる前などにも読むことが多いです。家庭でもお子さんとおやすみ前の1冊など・・・読む時間や場所、シチュエーションは様々。絵本によって時間とその空間(場)を埋めてくれるのです。

“未来と過去”をつなげる

昔、子どもの頃に見た絵本を覚えていますか。本屋さんや図書館に行くと「これ小さい頃読んでもらった」「この物語覚えてる」と記憶が蘇ってくる方もいるのではないでしょうか。私は小さい時に母に絵本を読んでもらった記憶というのはあまり、ありません。しかし、ある絵本に出会うと妙に懐かしい感覚が蘇ってくるのです。母に尋ねました。すると、母は「何度か読んであげたよ」と。続けて、「でも、その絵本を自分でめくろうとするもんだから、途中で読むのをやめた。そのまま絵本を渡してあげると、きょうりゅうが「いただきます!」のページばかりめくってたから」記憶にはなくても、感覚的に染みついているものです。今もその絵本は子どもたちの前で私が読んでいます。少し、ボロボロですが。
人にはそれぞれ本の思い出が存在します。過去に母や父あるいは先生に読んでもらった絵本を気づけば、自分のお子さんに読んでいる方もいらっしゃるかもしれません。はたまた、保育者や教育者なら自分の未来を創造していく教え子たちと読み合っているかもしれません。こうして、次の世代、そのまた次の世代と『絵本・作家・読み手の魂』は受け継がれていき、聞き手の心に刻まれていくのです。

絵本は“未来と過去”を繋げる大きな架け橋です。

↑Face book page !

活動実績

日時内容場所対象
2018/11/29
10:00~11:30
郡山健康科学専門学校 保育授業 東都学園専門学生
2018/12/14
9:20~10:05
ChilledHealthUp
食べるということ、砂糖の量について。運動遊び担当。
金透小学校1年生
2018/11/1
13:40~14:40
ChilledHealthUp
子どもの肥満について、適切な間食・砂糖の量、食事バランス。運動遊び担当。
白河第五小学校4~6年生、教職員、保護者
2019/3/18
10:00~11:30
保育園でのおはなし会ほっぺるランド新島橋勝どき(東京)0~5歳児
2019/6/16
10:00~16:30
おはなし会イベント THE絵本。
1日を通して、絵本展示型、読み聞かせ型のイベント運営。 ほっぺるランド新島橋勝どき(東京)0~5歳児、保護者、教育者
2019/7/5
14:05~14:50
食育専門家派遣事業。
肥満傾向にある児童に対する食育指導と効果的な運動について。運動遊び担当。
いわき市立赤井小学校3~6年生、保護者、教職員
2019/7/14・15
終日
第29回 全国病児保育研究大会㏌岩手
小児科診療所における保育士の役割~寺子屋活動を通じた地域への子育て啓発事業~
盛岡市民ホール病児保育施設保育従事者・医療関係者
2019/7/18
19:00~
キテミランショ絵本DEナイト
お酒を提供しながら、大人の方々に向けた絵本のおはなし会まざっせプラザ10名ほどの大人を対象
2019/7/24 10:00~
PEPKIDSタッチケア×絵本
PEP KIDSでの0歳、親子へ向けたおはなし会
PEP KIDS koriyama 乳幼児、保護者
2019/8/10・11
終日
絵本ワールド2019
絵本作家の講演会やワークショップ、絵本の展示 福島絵本専門士『くり~むブックス』としてステージでのおはなし会ビッグパレットふくしま 来館者(大人子ども)
2019/9/11
10:00~12:00
福島市児童センター連絡協議会
児童厚生員研修
思いで伝える絵本の魅力・読み聞かせについて。福島市清水児童センター児童センター職員
2019/10/5・6 終日
ファミリーフェスティバル
絵本専門士北関東ネットワークとのブースにておはなし会国立那須甲子青少年自然の家親子
2019/11/7
14:00~16:00
「読みきかせステップアップ講座」
思いで。声で伝える。絵本の魅力。郡山市中央図書館市内読み聞かせボランティア
2019/11/16
19:00~
キテミランショ絵本DEナイトvol.2
お酒を提供しながら、大人の方々に向けた絵本のおはなし会まざっせプラザ10名ほどの大人を対象
2019/11/22
13:00~14:30
保育授業
病児保育について郡山健康科学専門学校 東都学園専門学生
2019/11/28
ChilledHealthUp
生活習慣について・運動遊び担当桑野小学校4.5年生
2019/12/1
11:00~
TUTAYAでのおはなし会
TUTAYA桑野店での1時間おはなし会、その後、相談会。TUTAYA桑野店
2019/12/22
10:00~13:00
明治主催クリスマス会
スクリーンを使用したおはなし会。
とうほうみんなの文化センター1000名の親子対象
2020/1/11
10:00~15:00
楽しいおはなし会のスキルアップ講座

絵本専門士のおはなし会文化シャッターBXホール(東京)50名の親子、教育者
対象
2020/1/25・26
終日
みる!きく!ふれる!絵本ライブ
みる!きく!ふれる!絵本ライブにて来場者対応&ホール外で読み語り
TKPガーデンシティ大宮100名の親子対象
2020/7/17
10:00~
出張おはなし会
小原田こども園 保育部0.1.2歳

サイト掲載等

第7期 絵本専門士 受講生への一言掲載

認定病児保育スペシャリスト インタビュー掲載

郡山市広報紙Koriyama Dreamer

しゅふコミサイト掲載

NPO法人絵本文化推進協会所属リンク